当ショップで取り扱っている素材集で主に使用されているファイルのデータ形式について簡単にご説明いたします。
お客様のご使用されている環境で利用可能かどうかわからない場合には、ご購入前にお問合せください。

各素材集に収録されているファイルのデータ形式は、商品ページの「データ形式・参考サイズ」の部分に記載しています。
データ形式(拡張子) 説 明
JPEG(.jpg) 汎用性が高い画像データです。各種ビジネスソフト、グラフィックソフトなど幅広いアプリケーションソフトで使用できます。
GIF(.gif) GIFは最高256色までの色を扱うことのできる圧縮画像形式です。
ホームページで良く使われる画像形式で、ロゴ、ボタン、アイコン、アニメ調のイラストなど、 特に単純な色合いの画像に向いています。
Adobe llustrator(.ai) Adobe llustratorで制作した、印刷に適したベクターデータ(ドロー形式)。拡大縮小の劣化がないため、拡大・縮小してもクオリティは変わりません。分解や削除もできます。
使用・加工にはAdobe Illustratorが必要です。
Adobe llustrator EPS(.eps) Adobe llustratorで制作した、印刷に適したベクターデータ(ドロー形式)。拡大縮小の劣化がないため、拡大・縮小してもクオリティは変わりません。分解や削除もできます。
使用・加工にはAdobe IllustratorやMacromedia Freehand、Corel DRAWなどのllustrator EPSに対応しているソフトが必要です。
Adobe Photoshop(.psd) レタッチソフトであるPhotoshop(Elements)オリジナルの画像ファイル形式。レイヤーやパスを保持しておくことが可能です。
独自のファイル形式なので、使用・加工にはAdobe PhotoshopまたはPhotoshop形式に対応しているソフトが必要です。
Adobe Photoshop EPS(.eps) 印刷所で印刷するためのファイル形式です。イラストレーター、クォークエクスプレス、インデザイン等のソフトに貼り付けて出力します。
使用・加工にはAdobe PhotoshopまたはPhotoshop EPS形式に対応しているソフトが必要です。
PING(.png) 主にインターネットで扱うことを前提に開発された、比較的新しい画像ファイル形式。
GIFと似ていますが、GIFより多くの色数を扱え、圧縮してもデータの損失がないというメリットがあります。一部古いバージョンのブラウザなどでは正しく描画できません。
WMF(.wmf) Windows環境の標準的な画像形式で、Windowsの多くのワープロソフトやグラフィックソフトで読むことができます。アウトライン画像(ベクトルデータ)なので拡大・縮小してもクオリティは変わりません。WMFファイル形式をサポートしているアプリケーションソフトでも、その能力によって加工できる範囲は異なります。
BMP(.bmp) Windows標準の基本画像形式で、基本的には圧縮されていないのが特徴です。
Windowsなら特に画像ソフトを持っていなくても、開いて見ることができます。
Macでは、Photoshopを持っていれば、開いて見ることができます。
PICT(.pict) Mac OS(主にClassic Mac)で標準的に用いられていた画像ファイル形式。
Macなら特に画像ソフトを持っていなくても、開いて見ることができます。
Windowsでは、Photoshopを持っていれば、開いて見ることができます。
TIFF(.tif) 汎用的な画像ファイル形式。
一度圧縮しても元に戻せるので画像は劣化しません。JPEGファイルと比べるとファイル容量が大きくなります。
DTPソフトの多くが対応していますが、TIFFにもいろいろな種類があるため、うまく開けないこともあります。
Photo CD(.pcd) 写真のネガやプリントなどから作ることができる「フォトCD」に格納されている画像ファイルの形式。
複数の解像度で画像データをもつことができるという特徴があります。
使用には、Adobe PhotoshopなどのPhotoCDファイルを開くことのできるソフトウェアが必要です。